カテゴリ:その他( 7 )

■ 番外編 志布志(鹿児島県)



e0356877_16024567.jpg

初春の金曜日の夕方、大型フェリー客船サンフラワー号で大阪南港を志布志(鹿児島)に向けて出港!

いわゆる「弾丸ツアー」(船中2泊3日)ですが、日常の喧騒から離れて、「のんびり」するための旅です。



e0356877_15561048.jpg


【 岩礁の上の海鳥は・・・】

 

e0356877_15564644.jpg


【 エメラルドグリーンの南国志布志の海 】
 

e0356877_16033216.jpg


【 双子の岩礁?】
 

e0356877_15565941.jpg


【 菜の花と電柱と青い空と・・・】

寺社を訪ねて、志布志の街(写真はありませんが)を歩いてたら、

「こんにちは!」という挨拶を地元の人から掛けられて、ちょっとびっくり!

それも、中年女性と中学生らしき子供の二人から、別々の場所で。

何となくすがすがしい気持ちになって、

志布志はいい街だな・・・・


  
 


[PR]
by h-ubayashi | 2018-04-04 16:06 | その他

■ 番外編 志布志(鹿児島県)の山頭火



e0356877_14405632.jpg


大正から昭和に掛けて活躍した自由律の俳人「種田山頭火」の俳句や

破天荒な生き方に興味を持って、夢中になって彼に関する本を読み漁っていた時期がありました。

一カ所長く留まることができなかったようで、俳句も全国を放浪しながらの作品が多かったようです。

この画像の句碑は志布志の市街地から離れたダグリ岬遊園地近くのものです。

『 砂がぼこぼこ 旅はさみしい 』

『 秋風の 石をひろふ 』

ちなみに、全国に建立されている句碑で、山頭火のものが一番多いと、何かの本で読んだ記憶があります。


e0356877_14410281.jpg
 
ダグリ岬の小高い丘から海を見下ろす国民宿舎わきにある山頭火の句碑

『 志布志へ 一里の秋の風ふく 』

『 こころしずかに 山のおきふし 』

『 海は果てなく 島一つ 』


e0356877_14411635.jpg

終着志布志駅の隣の無人駅「大隅夏井駅」わきにひっそりと建つ山頭火の句碑

『 線路へこぼるる 萩の花かな 』

この無人駅から一両電車に乗って志布志に戻ったのですが、数時間に一本の車内の乗客はまばらでした。

山頭火の時代はもっとにぎわっていたのでは、と想像してしまいました。




[PR]
by h-ubayashi | 2018-04-04 15:33 | その他

■ サンフランシスコ番外編


e0356877_16033448.jpg

【 朝焼けのベイブリッジ(サンフランシスコ) 】
 
今年(2017年)の7月、サンフランシスコで初めてのフルマラソンに挑戦!

その時の印象に残った写真を数枚アップ この写真は早朝のマラソンスタート地点でスタート前に撮ったものです



e0356877_18094855.jpg

【 スタート前 】

日本人のランナーには全くと言っていいほど会わなかったけど、

iPS細胞の山中伸弥さんがこのサンフランシスコマラソンを走っていたそうです(帰国してから知りました)

ちなみに中央は my daughter です




e0356877_16092236.jpg

【 夜のユニオンスクエア 】





e0356877_16070441.jpg

【 サンフランシスコの ある公園にて 】



e0356877_16040424.jpg

【 サンフランシスコジャイアンツの本拠地球場 】
 
場外ホームランが出るとそのほとんどが海に飛び込むことで有名で、

バリー・ボンズのホームランボールを目当てに、舟に乗って待ち構えているファンもいたようです

この場所はマラソンのゴール地点近くで、走って(歩いて?)いる最中にパチリ!

それにしても、カルフォルニアの空は青い!



e0356877_16095064.jpg


【 UC Berkleyの図書館にて 】

若かりし頃、サンフランシスコ郊外のバークレーに3年ほど住んでいたことがあり、

もう一度訪れてみたいと思ったのがきっかけで、サンフランシスコマラソンを走ることに・・・

カリフォルニア大学バークレー校の学生ではありませんでしたが、

一般人(それも外国人)でも、この図書館や学内のカフェなどは自由に使うことができました

この開放感と懐の深さはアメリカの魅力の一つではと思っています



e0356877_16134339.jpg

【 ゴールデンゲイトブリッジを疾走(?)中 】
 
午前中のゴールデンゲートブリッジは霧がかかっていることが多いようで、この日も霧の中、

背後の折り返しの走者がかすんでいるのも霧のため

結局、滞在中あの真紅のゴールデンゲイトブリッジの全体像を見ることができなかった!

ちなみに、フル完走タイムは6時間52分・・・でした!!

公式の制限時間は6時間でしたが、ちゃんと完走メダルも、そして記録も残りました

この辺りの大らかさもアメリカらしさの一面のようで・・・感謝!

それにしても、記録ではなく 「楽しむことを体感」 した初のフルマラソンでした

さて、次はどこの国を走ろう・・・






[PR]
by h-ubayashi | 2017-09-21 16:06 | その他

■ イエローナイフ(番外編)



e0356877_10510878.jpg

【 ホテルのバルコニーから 】



e0356877_10515527.jpg

【 オーロラ 】



e0356877_10514766.jpg

【 夕暮れ時 】


イエローナイフ(カナダ)はアラスカ近くの高緯度にあり、オーロラの観賞地として有名です。

気温はマイナス20数度でしたが、空気がからっとしているせいか、

想像していた極寒というほどではなく、行動にもそれほど不便は感じませんでした。

ともかく、音がなく、凛とした空気感が印象的な街だったのを記憶しています。

写真からそんな雰囲気を感じ取っていただけたら・・・


[PR]
by h-ubayashi | 2016-09-13 11:22 | その他

■ さんふらわあ号からの朝焼け(番外編)



e0356877_18131766.jpg

【 被写体の人物は私ではありません?】



e0356877_18095770.jpg



e0356877_18133481.jpg



e0356877_18101467.jpg



大阪南港から鹿児島の志布志までの弾丸ツアー(船中2泊3日の船旅)

船中夜間に星空教室、太平洋上で見る星空は天の川までくっきり見えて最高でした。

星空の写真は撮ることができず残念ですが、流れ星や人工衛星も見た人もいたようです。

代わりにさんふらわあ号からの朝焼けと夕焼けの写真を・・・




[PR]
by h-ubayashi | 2016-08-27 18:19 | その他

■ 能登の夕焼け


 
e0356877_18042505.jpg

 

e0356877_18051262.jpg


今年(2015年)始めたことが二つあり、一つはスマホ(iPhone)、もう一つはジョギング、

その二つが合体して生まれたのでこのブログ、かな?

この能登の夕焼けの写真は能登島での初めてのマラソン(ハーフ)に挑戦したときのもので、

宿泊した宿から能登湾の対岸に沈む夕日を写したもの


[PR]
by h-ubayashi | 2015-08-08 17:08 | その他

■ 星


 
【 朝もやのオリオン 】
e0356877_13371731.jpg
 

【 朝焼けの中の月と金星 】
e0356877_13355632.jpg
 

【 漆黒の宇宙に浮かぶ月 】 
e0356877_13333493.jpg
【 Photos by Shinya Ubayashi 】 

 
 



[PR]
by h-ubayashi | 2015-08-08 14:07 | その他